メインイメージ画像

ソープで求人情報のおいしトコろ!

求人には「エステティシャン募集」としか書いていない店多い。「エステティシャンを目指して専門学校にも通ったのに、なかなか就職できなかったんです。そんなときにこの店の求人を見つけて面接に来てみたら、キワドいコスチュームでちょっとエッチな感じのサービスだって。でも普通のエステより時給がいいし、ソープとは違うからと思って体験入店してみたらすぐに慣れちゃいました」(池袋の洗体エステで働くナナミちゃん)このように関東では大流行中の洗体エステだが、関西では「ヘルスと同じカネ払ってんのになんでヌキがないんや!」と不評のよう。

その代わりといっては何だが、最近になって大阪の繁華街?京橋に「混浴エステ」なるものができた。同店は、10人以上入れるような大浴場にトップレスの女性と入り、オッパイパブのようなお触りサービスが味わえる。当然ほかの客や女性も入っているので擬似スワッピング状態。その後、個室にてヌキも含めたマッサージが受けられるという。

ヌキがある以上風俗店扱いになるものの、ある意味、その土地に合わせた洗体エステの進化系とも言えるであろう。「癒しとトキメキ、ちょっとエロ」を求めている男性にとって、洗体エステはピッタリの業種。今まで興味がなかった貴方も1度体験してみては?風営法が厳しくなり東京や大阪の都市部ではソープの深夜営業が難しくなった。結果、バーとしての届け出が可能なガールズバーが急増。